2010年07月28日

禊いできました

プライベートの予定を全てキャンセルしての今回のお仕事
気合の入りもひとしお、っていうか執念?を察してくださったのか、おかげさまでお天気にも恵まれ、事前に心配していた諸事もつつがなく運び、頑張ったかいがありました。
そろそろ改宗せよというお告げなのかもしれませんが…
うーん、とりあえず、免罪の門をくぐって、溜まった『罪』はリセットしてきました手(チョキ)

しかし仕事の疲れよりも、日本の暑さがこたえますあせあせ(飛び散る汗)
10〜26度の毎日から、このサウナの中のような蒸し暑さ!!
往生しそうです。

↓現地ではチェックできなかったニュース映像。
モブのどっかに私もいるかも?
肉眼では確認できず。
地方新聞の写真ではお客様らしき?姿もありましたが…

posted by アオカスミ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

祈望

右の本棚にも載せていますが
藤崎慎吾も新刊出てんです。『祈望』というの。

あらすじを読んだ時、過去の作品と雰囲気が全然違うので戸惑ったけど、読んだら納得。
「告白」とごっちゃにして語るレビューとかも見ますが
全然別物。

でもこちらの方が「現実味」がある気がする。


個人的には『クリスタルサイレンス』や『ハイドゥナン』のが好きだけれど
入りやすい本だとは思うので、いろいろ読んでみたい方にはお勧め。
posted by アオカスミ at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

七人の敵がいる

加納朋子新作出ました!!
あー!もったいない…と思いつつも一晩で読了。
おもしろかった(*^_^*)

フルタイムで働くスーパーママはもちろん、働いたことのないママたち、ママになったことのない働く人たち(男性含む)…みなさんに読んでいただきたい一冊です。

第一章 女は女の敵である
空気読まないのを容赦しない生き物は、女をおいて他にないと思う。
白い目、陰口、シカト等々。
異物を排除する本能が女の方が強いのだろうか…

第三章 男もたいがい、敵である
はっきり言っては角が立ち、オブラードに包んでは伝わらない。
こちらが弱者を演じることができなければ協力なんて出来ないのかしら?
だってそれ賢いやり方かもしれないけれど、なんかアンフェアな気がする…気がしてしまう女子はどうしたらよいのか


なんて全般共感しながら読めちゃうのは、主人公の陽子に少なからぬシンパシーを感じるからかも

じゃあ男性が読んだらどういう感想になるんだろう
新米ママたちは?働く女子たちは??

久しぶりにみなに読ませたい本に出会いました

読ませたいし、水玉、レインボーと併せて3部作でドラマ化してほしい…
観てみたいなー
できるだけ原作に忠実な演出で(^_^)
posted by アオカスミ at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。