2010年11月14日

マスメディア

私はテレビを見ない。
家にテレビがないっていうのもあるのだけど、基本、家には寝に帰るだけの生活で、かつ月の1/3くらいは留守にしているから、連続ドラマとかも見る気がしない。
同じ理由で新聞もとっていない。
ニュースは、主にネットで追いかけているのだけど、本当は読むべきなんだろうね。。
とはいえ、私の日常と、そこにつづられる「世間」がかけ離れている気がして、あんまり集中して読めない。
文庫や必要なビジネス誌は読むから、活字が苦手なわけではないのだけど。
どうやら、客観性を装って主観を押し付けてくる感じにアレルギー反応を起こしているようなのです。
だから著者名を前面に出してくる雑誌やなかは平気らしい

前々からその毛はあったんだろうけれども。
なにかにつけ「常識」とか「普通」とかを基準に物事を測っては、自分の想定外の出来事を受容できない人の多くが、自分の話に説得力をつけようと「みんな言ってる」とか「テレビで言っていた」というのが気になる今日この頃。

立場上、その時は何も言いませんけど、テレビに出てくる人は、テレビが言わせたいことを言ってくれる人なんだよ、って教えてあげたい。
疲れてくるとこっちも余裕がなくなってくるので、多数決大好き、和をもって尊し、異物をつまはじきにすることで保たれる連帯感を、良しとできず、引っかかるのです。
その気質を盾に、自分の意見や価値観をごり押ししてくる感じが嫌なの。


んー、なんでこんな話にだったのだっけ??
そうだ、突然ツイッターのフォロワーが100人も増えたのにたまげた話をしたかったはずなのに。
支離滅裂ですみませんでした。
posted by アオカスミ at 01:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。