2005年09月30日

ななつのこ

『ななつのこものがたり』発売を記念して。

加納朋子デビュー作『ななつのこ』の作中本ななつのこが絵本で登場!なのだそうです。
まだ現物は見ていませんが、手に取ったらそのままレジに持って行っちゃいそう!

こちらの出版元サイトで詳細確認できます。


『ななつのこ』『魔法飛行』『スペース』の駒子シリーズは手元にこそありませんが、大好きな加納朋子作品のひとつです。
特に『ななつのこ』と『スペース』の「スペース」「バック・スペース」はラストで鳥肌が立つような思いがしました。

この3作、謎解きも面白いのですが、
主人公の駒子が女子(短)大生で、加納作品のヒロインたちの中でも特に年齢等が近いということもあって、彼女の日常(講義の出席取るシーンとか、単位の話とか)に共感が持てたりして、そういう点だけでも楽しかったりします。


さて、駒子が見つけた謎を、はやてくんのあやめさんのようにななつのこの作者は必ずその謎を解いて答えてくれます
しかし、「スペース」の中で彼女は、その人にこんな感じの不安を訴えます。


私が投げかける些細な謎を、あなたはいつもしっかり受け止めて投げ返してくれるけど、
私が投げなくなったら、それっきりになってしまいそうで



あーなんかその気持ちわかるなー
と読み返すたびに思います。
私は自分から連絡したり遊びに誘ったりとか、そういうの苦手なくせに、そんな風に考えちゃうことが結構あるから。


これが簡単そうに見えて、難しいのよね

相手が取りやすいように投げる
受け止めて投げ返す
投げ合いを続けたい意思を示す

たったそれだけだけど、心がけないとすぐに停滞してしまう。
心地よく時間を費やしていきたいから、私ももっともっと思いやれる人になりたいわ。


だから

わかってるつもりになってるけど
私たちお互いのことほとんどわかってないじゃない

そうかもね、
でもこれからの時間で少しずつわかってけばいいんじゃないかな


という感じの彼らの結論はとても素敵。
それはどんな「我」と「彼」の関係にも当てはまると思うの。
友達でも家族でも恋人でも国際関係でも。


とはいえ、昨日今日は風邪で喉が痛くてぼんやりしてしまっていて、お喋りする元気がなかったりメールの途中で寝てしまったり…本当、風邪はしんどいね。
コミュニケーション寸断しちゃってるんですもの!
…1人暮らしの病気は、この孤独感が何より厄介だ
posted by アオカスミ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7539316
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

バースデイ
Excerpt: バースデイ
Weblog: バースデイ
Tracked: 2007-09-20 15:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。