2006年03月18日

追い出され

金曜夜、サークルの追いコンでした。
人数多い4年生をよくさばいてくれたと思います。
幹部はじめ1〜3年のみなさん、ありがとう。楽しかったよ。
かわいいお花いただきました

後輩って存在は、やっぱりかわいいね。
いつまでも甘えてもらえるような先輩でありたいものです。
(甘やかさないけどネ)


夜通し、美味しいもの食べて、飲んで(大将ご馳走様ですvv)
寝不足で、お天気悪くなって、お話思い出したり、
人間ばかり撮った写真眺めたりしていると
昨日はこらえていたけれども
なんだが
まただらだら涙が出てくるわ


居心地がよいのよ、福岡は。
私の先にあるのは胸苦しい不安にまみれた明日で

私をあたしに繋ぐもの
私をここに繋ぐもの
それを手放すのかと思うと、怖くて仕方ないみたい


しなければならないことも山のようにあるのに
焦りばかり空回ってるわ、よろしくない。
あの人にこの人に、言いたいのに言ってないことだらけ
強く思って行動に移さなければ、機会はないかな。
聞きたくない話かな、それとも。


ああ、
それでも、「そのとき」は来るのだから
せめて心は残さぬように。
一時一時を大切に過ごしていかなくてはね
posted by アオカスミ at 12:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

♪りす

先週末
ばか4の2人がこっちにきてました。
いろいろ美味いもん食っていいもん見て
あんなことやこんなこと話したりしたの。
楽しかった−

今回やつらはしみじみと
あんたいいお母さんになるよ
あんた天然だ
等を連呼していきましたが、いかがなのでしょうか。


先の土曜日
「最後の」発表会に行ってきました。サークルの。
友達連れて行ったこともあり、完全に見てるだけっていう発表会でした。

なのに今日は反省会に行くっていう、ね。
まあ、オマーンの写真見せびらかしに行っただけだけど

あいっかわらず人のいない会議室とか
回りまくるお菓子とか
なかなか頼もしくなってきた後輩達とか
色々面白かったです。
みんなも来ればよかったのに


いいかげん
卒業に際してHPの移転を考えなければならないのですが
転入先にネットを引くか未定なので
どうしようか迷っております。
手入れは続けられないけれど、どうにか残せないものか…


ところで
1月からだらだらとお腹の調子がよろしくない。
寒いから?遊びすぎ?食べすぎ?
…だったらいいんだけどなぁたらーっ(汗)
ちょっぴり心配です

無い物ねだり
posted by アオカスミ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

書き散らし

っていうか

仕事と天秤に掛けるだけのプライベートとか私にあるんだろうか

ないんちゃうかな

やっぱり
「働く」だけが私の存在意義なんだろうか

とか思っちゃうな
寂しくなるわ…




あほだぁ
こんなんもうさんざん泣き飽きた愚問だわ。
つまらんこと言っとらんで
さっさと風呂入って今日の復習しよ
(>_<)

posted by アオカスミ at 20:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

選択

2択
答えはわかりきっているの

人生で何が大事か
私にとって仕事とは何か

1年前からやってる問答だ

答えは
わかりきっているの

でも、できそうもない、という理由は、逃げ?

向き不向き、好み、能力
客観的にはどう見えるのかなぁ

あの人たちのアドバイスに頼りたい


遠いところにいるから、どう言ってくれるか想像するの

でも、うまくイメージできない

今からでも遅くないなら
これからの私のために、
今までよりもっと深い話につきあって
posted by アオカスミ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

シンプル

魚やホブズの食べ方の話
飲酒の話
休暇の過ごし方の話

オマーンでは
好きな方法で食べたらいいし
私的な場でなら酒飲んだっていいし
休暇は休暇なんだからみんなおやすみでいいんだし

何をしてもいいのだそうだよ
好きなように、やりたいようにやったらいいのだって

でもね、ルールがひとつだけ
それは「他人とは争わないこと」。
それだけ。

ケンカしたら警察が引っ張ってって、それでハラス。
それだけ。

素敵だって思いませんか。

それからね
他人の考えは他人のものなんだからと
働きかけはしても強制はしないスタンス

素敵だと思いませんか。


かたくなな心に
彼らの声はどんな風に響くのだろう
かたくなな心は
彼らを傷つけなければ叶わない願いを、
それでも願い続けるのだろうか

かたくなな心を前に
彼らは、それも君の考えだからと、
諦めるように許せてしまうのだろうか
かたくなな心を前に
彼らも、傷つけられまいと争いの中に呑まれて
素敵さをなくしてしまう日が、いつか訪れてしまうのだろうか


私たちは、淘汰と進化の選択の中にいるというけれど、
いったい何を、後代に残していくつもりなのだろうね


わたしのものはわたしのもの
あなたのものはあなたのもの
みんなのものはみんなのもの

そしてすべては、神さまのもの

たったそれだけのことなのに。
私たちには、その神様がいないの
posted by アオカスミ at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

カラーバトン

いただいたバトンに答えてみます♪
カラーバトンだけど、カラーの質問は最初だけ(笑)

Q1: 自分を色に例えると?

青色?

私の言う青色と、あなたの言う青色が一緒とは限らない。
同じと言う色が、同じに見えているとは限らない。
それでもそれは、なんとなく、青色と呼ぶ色。


寒色の代表だし、名前に絡んでるから、やっぱこれがイメージカラーと思う。

でも、以前人にいただいた言葉を思い出せば、
私は、青にも赤にも黒にも白にも金にもなれる、空色になりたい。

続きを読む
posted by アオカスミ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

不安ガール

どうも。
2週に一回不安ガールやってます。アオカスでございます。

さて、ナーヴァス
posted by アオカスミ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

明日準備

今日は朝起きして洗濯して買い物して部屋を片付けて夕飯ちゃんと作って
充実した日曜日でした。
ブルースター
帰りがけには花を買ったりしました。
明日はケーキを食べ、美味しい焼き鳥を食べに行く予定ですかわいい
色気なんかあったもんじゃありません(笑)


21歳は、変化の歳でした。
良くも悪くも、一年で随分変わったなぁ。相変わらず丸くはなれてないけど

こういうひと時はどれ位続くのだろう
逆にこれからのほうが目まぐるしく変わる日々なのかしら

まあ、先の話はいいや。
あんまり泣かなくていい、楽しいことの多い22歳になるといいな。

明日は去年に引き続き人と過ごす誕生日で、よいスタートになりそうです。
健やかで素敵な22歳であるように。
できたら、今年こそ、丸くて人当たりのいい女性に近づきたいものです。
posted by アオカスミ at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

甘える

ここ最近で一番の成長と思うこと

考えすぎになってしんどくってどうにも行かん時に
以前は、めくるめくマイナス思考に陥って
1人でずっと泣いていたのだけど
ついに、人に話してみる、ということが出来ました。

選択肢に、「自分から人に甘えてみる」が加わったのよね
どうしよう・どうしよう、が
どうしよう・話してみようか・どうしよう、になったの。

どの道泣くのには変わりないのだけど(笑)
話した後は、マイナス思考の合間に
相手の言葉が思い出されて入ってくるから
随分安定した考えが出来るようになるのよ。
落ちかかってもすぐに持ち直して
ポジティブな考えも沸いて来るようになって
脱・考えすぎループ。といくわけ。

まあ、その分、
巻き込んで、心配かけちゃう人が出るわけだけど
迷惑はかけてない(と信じたい)ので、ごめんねは言わないよ。

ありがとう、本当に。
ってこんなところで言ってもたぶん見ちゃいないだろうけどね
…面と向かってちゃんと言えない、照れるから、と思うのは
まだまだ子供ってことなんだろうな、私も。
posted by アオカスミ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

アジカン

アジカンは大好きだけど、一人で聴くのはせつな過ぎる。

暗い渦をつい直視してしまう
助けも呼べずに泣くばかりで無い体力を消耗するのは
「約束」がまだ足りないのか、と。



引き籠り、私には向きませんたらーっ(汗)

どうやら2〜3日で会話禁断症状が出ます。
少々メールのやり取りなどがあっても
人に飢え飢えた状態は一向に満たされません。

外に出るべきですね。

今日は日長いろんな人とお喋りして、おかげさまで
帰り道にはうたうたいながら帰れるほどに回復しましたるんるん
みなさん、ありがとうございました揺れるハート


電話とかメールとか「待ってる」自分が惨めで嫌過ぎ
すぐ寂しくなる私も、やっぱりガキンチョなのかな
ちゃんと「SOS」の言える人になりたい。

そのためにはきっと give & give
私は何を与えられるんだろう
posted by アオカスミ at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

イメージ

だんだんわけがわからなくなってきた。ナニモカモ


こういうとき、例え(どうせ碌に進みもしてない)作業の妨げになろうとも、他人からの頼まれごとは嬉しい。
つくづく、私は独りでは何も出来ない人間だと思い知る。


先日、後輩から自分のRDに出演してくれませんか、のメール。
もう自分は引退した身だとは思いつつも了承。
1年生の選択肢に自分が存在しているって、意外な分嬉しい事よね

台本を前に役作り、というか演技指導を…イメージを訊いてみる

この役はアオ先輩のイメージそのものって感じがなんとなくしたので、いつもどおりのアオ先輩を出してもらえるとそれがばっちりはまると思います。           (メール無断転記ごめんなさい)


普段、人に見られている自分を私は意識するようにしてはいるけれど、「いつものアオ先輩の感じ」な喋り方ってどんなんだっけ?
うむむ。

これまで私も「素でいいよ」とか「いつもの感じで」とか
よく演技指導に際して人に言ってきたけど
「いつもどおり」を「演じる」ってなかなか大変じゃない?
(あれで困惑させてしまってた方、今更ながらごめんなさい)

いつものアオ先輩かぁ。うーん。「それ」を「役」に乗せて「決まった言葉で喋る」ことの難しさ。
(過去にいただいた、「『きゃーーーー』って言って」(×2)や、「もっと優しさを出して」等より難しい指示だと思う。)
加えて、「それ」というのは、自分では決して見ることの出来ない(想像は出来るけど)自分のイメージというものなのだから

まあ、その役については「しっかりしたお姉さんって感じ」と監督が言っていたので、そういう感じなのかな。諭すような台詞だし。。


主にサークルで、だけど
他個紹介をもらったり、〜っぽいとかいう話をしたり、占いの結果とかあたってるあたってないの話をしたり…他人が抱いている私のイメージを探る機会はあっても、未だに、よくわからない。
わからない、というのは妙な言い方ですね。
これ、というものはそも存在しないのだから。


私のイメージってどんなん?って訊くと仰々しいので
私の物真似するならどんなことを意識する?って訊いてみたい。
(訊いているのよ)

腰に手をあてて一方的に喋る感じ。とかかな。。
posted by アオカスミ at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

早よ寝にゃ

と思いつつ

意外と重い話も出る出る。@なんとなくバーベキュー(笑)

帰り道、
何年か前に、ある先輩がおっしゃっていた言葉を思い出す。

先輩ってのは卒業してもいくつになっても先輩なんだよ

あーそうだなあと思った、今日は。
きゅーん♪先輩大好きです☆☆

甘えてもいいんだよ、って言ってくれる人がいるのは幸せなことね。


ところで、
HOME MADE 家族、名古屋発信なんですね。
「HOME SWEET HOME」に三河弁の歌詞が出て来んのね。
「ほだらぁ」とかって。
初めて知って、懐かしいやらなんやらで嬉しくなったり。


さてさて、明日は後輩のRDに出演です。
イソジンガーしてマスクして。
おやすみなさい。
遅刻せんごと早起きしなきゃ時計
posted by アオカスミ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月30日

ななつのこ

『ななつのこものがたり』発売を記念して。

加納朋子デビュー作『ななつのこ』の作中本ななつのこが絵本で登場!なのだそうです。
まだ現物は見ていませんが、手に取ったらそのままレジに持って行っちゃいそう!

こちらの出版元サイトで詳細確認できます。


『ななつのこ』『魔法飛行』『スペース』の駒子シリーズは手元にこそありませんが、大好きな加納朋子作品のひとつです。
特に『ななつのこ』と『スペース』の「スペース」「バック・スペース」はラストで鳥肌が立つような思いがしました。

この3作、謎解きも面白いのですが、
主人公の駒子が女子(短)大生で、加納作品のヒロインたちの中でも特に年齢等が近いということもあって、彼女の日常(講義の出席取るシーンとか、単位の話とか)に共感が持てたりして、そういう点だけでも楽しかったりします。


さて、駒子が見つけた謎を、はやてくんのあやめさんのようにななつのこの作者は必ずその謎を解いて答えてくれます
しかし、「スペース」の中で彼女は、その人にこんな感じの不安を訴えます。


私が投げかける些細な謎を、あなたはいつもしっかり受け止めて投げ返してくれるけど、
私が投げなくなったら、それっきりになってしまいそうで



あーなんかその気持ちわかるなー
と読み返すたびに思います。
私は自分から連絡したり遊びに誘ったりとか、そういうの苦手なくせに、そんな風に考えちゃうことが結構あるから。


これが簡単そうに見えて、難しいのよね

相手が取りやすいように投げる
受け止めて投げ返す
投げ合いを続けたい意思を示す

たったそれだけだけど、心がけないとすぐに停滞してしまう。
心地よく時間を費やしていきたいから、私ももっともっと思いやれる人になりたいわ。


だから

わかってるつもりになってるけど
私たちお互いのことほとんどわかってないじゃない

そうかもね、
でもこれからの時間で少しずつわかってけばいいんじゃないかな


という感じの彼らの結論はとても素敵。
それはどんな「我」と「彼」の関係にも当てはまると思うの。
友達でも家族でも恋人でも国際関係でも。


とはいえ、昨日今日は風邪で喉が痛くてぼんやりしてしまっていて、お喋りする元気がなかったりメールの途中で寝てしまったり…本当、風邪はしんどいね。
コミュニケーション寸断しちゃってるんですもの!
…1人暮らしの病気は、この孤独感が何より厄介だ
posted by アオカスミ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

お局?

言うまい言うまいとは思いつつも、言ってしまう、ってか言わずには言われない、というか言わせる隙を与えんでよ、とか思い思われ?学祭部会。


先輩は文句を言う生き物です。
経験が多い分、失敗の可能性も見えるもんです。
見えちゃったら言いたくなっちゃう、性なもんで


新しいことをするのは大変です。
先輩に反対されたくらいで行き詰るような提案ならその程度。
まとまりゃあせんよ

先輩が言いそうなことなんて高が知れてるんだから、
それくらい予想して自ら解決策まで考えていらっしゃい。
あえて質問させて、サクラ代わりに使うくらいの余裕を持ちんよ
せめて、前例くらい頭に入れておいで。
後輩への説明文句も忘れずに。


負けるな、幹部たち。
こんなおばちゃんでも会社の研修では指摘され放題で凹んでたりもするんだよ。

代が変わる前に一度でいいで先輩を唸らせてみん
posted by アオカスミ at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

兎の眼

―それはいのりをこめたように、ものを思うかのように、
 静かな光をたたえてやさしかった。―


…そんな眼に見つめられたら私は幸せと恥ずかしさで苦しくなってしまうだろう。。ああ、でもぜひお目にかかりたい。


和友に借りた本その3

灰谷健次郎 『兎の眼』


子供が一生懸命・子供が健気
大人が子ともに正しさを見せる
人が人に優しい
清濁合わせて、人間なんだ


私が人間に求める「美学」みたいなもんの多くがこのお話にはあって、やはり、「読み物」には沢山の「美しいもの」があってほしいと改めて思った。


小学校が舞台の話で、自分が小学生の頃を思い出したり。
毎日・一年があんなにも濃厚だったのは、小学校と大学生の頃くらいだと思う。
やんちゃなこともいっぱいしたし、一生の親友にも出会えた。
迷うことなく、毎日は楽しむためにあったなぁ。


それから、これから大人になってく自分を思う。
10年後どころか1年後の自分も何やってるかわからないけど。
でも、例えば、子供を持ったならその子が小学生になるときもいずれやってくるのだろう。
私は、どういう親になるんだろうか、って。

大人は、かっこよくないといけないみたいで大変だよね。
でも大人になったって、恥ずかしいことも、かっこ悪いことも、怖いこともあるだろう。惨めでも。奇麗事でなく、子供たちだけは守ってあげられる人になりたい。
他の大人に見捨てられるより、子供に見捨てられる方がずっとずっと悲しいことだろうと、この姫松小学校区の大人たちを見て思った。


ああ、それから、じいちゃん・ばあちゃんに無性に会いたくなった。
さっきお母さんと電話したせいかな。
じいちゃん、ばあちゃん、もっとお話ししたかったよ。
もっといろんなことしてあげたかったよ。


と、余談ですが、子供たちのひらがなばかりの台詞を見ていて、
去年の大学祭でDJをさせてもらった企画を思い出しました。
ひとの子供の頃の作文を読んだりしたのですが、なかでも番組企画者S先輩の、鉄三君バリの作文と、それに丁寧に返事を書く先生。作中のあちこちのやり取りに、あの微笑ましい(実際は番組中にも爆笑したのだけれど)文章が思い出されました。

そういうの、引っ張り出して読んでみるのも、また楽しいですよね。
暇な方はぜひ、お試しあれ♪
(その前に、この本手にとってみて!一気に読めますよー)
posted by アオカスミ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

読書の秋2

振り払っても振り払っても纏わり着いてくるもの
足蹴にしたくても足首に絡みつく

例えば松がぼそぼそ生えるあの公園の斜面のようなもの

薄暗くいじけた景色のいろ


彼女が向かう森の奥の描写はそういったものを思い出させる。


黒板を引っかく音だとか金属のこすれる音だとか
生理的に嫌悪感を覚えるような何かってのは、
私たちをとりまく日常にいくらでも存在するのだから、今さら取り立ててわめくほどのものでもなく、
コクバンヲヒッカクオト、と言い流してしまえば実にたいしたことのないようにも見える。

「嫌なもの」なんて、案外そんなものなのかもしれないね
ソンナモノなのかもしれないけれど、こうやってその景色を思い出すのは、でもやはり生理的な嫌悪感を伴うもの。


和友に借りた次の本。

小川洋子 『偶然の祝福』

…なんともいえない不気味さを覚えました。
あまり素敵な感想ではないね。スミマセン
ひたすらグロい表現が続くとか、徹底的に主人公が報われない話とか、そういう類のものではないのですが。

なんでかな
私の経験や感性とやらに起因するものなのかしら
あるいは飛躍する思考の持ち主である「私」に親近感を抱きながらも、彼女の「生き方」に苛立ちを覚えてしまって、そんな感覚が呼び起こされたのだろう。


ふぅ
しかし、現実なるものはこのような暗がりなくしては成り立たぬものであろうな。
どの世界も、どの魂も。

…その暗がりも深みだと受け入れられるようになるのはまだ先のことだとしても。



この作品、連作小説ということで、
上のように言ってはいますが、「キリコさんの失敗」と「涙腺水晶結石症」のような温もり(あるいは「輝かしい偶然」たるもの)もまた用意されています。
(どちらの作品も犬の描写がすごく好きだ)

しかしこりゃまたどこか天邪鬼な話ですが、後味が…とか言いながら、こういう作品こそ多くの人に読んでもらいたい、と思うアオカスミなのであります。

ん〜、読め、っていうか、感想を聞かせろ、ってのかな、こう人に勧める感情って。
うん、この本はまさにその類だ。他の方の感想や印象が聞きたいんです、とても。

posted by アオカスミ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

読書の秋

昼前からいよいよ台風による風が強まる。
せっかく家に缶詰なのだから勉強すりゃいいものを、昨日借りた本を読み出してしまうわけで。


小川洋子 『博士の愛した数式』


私も、博士も、ルートも、まっすぐで優しくて、美しい人だなぁと思う


和友に借りて読んだんだけど、こういう話好きだ
ストーリーが、というよりも人と人との描かれ方が。


こういうのって加納朋子さんの本を読んだ後の感想にも似てるかも。
「美しいお話だな」って(嫌味じゃなく)思うのね。

人間の、狡さとか、歪んだところとか、病いとか、弱さとか、逃げたりするような部分を曝け出しながらも、それでも人間を愛しく思わせてくれるお話。
作者の人間を見る目がとてもリアルな感じがするのにそれ以上に優しい感じがして、読み終わってとても気持ちがいい。

あの人のこういうトコ嫌いだなってなつまんない感情は押し流されていく感じ。
広い心になれそうな気になる
安っぽくなるけど「癒される」っていう感覚かしら

新しい音楽の中でウタの端切れが浮かんでくるような
親しい人と楽しく食事した後の帰り道のような

そういう素敵な時と似た色の心地にふわっと導いてくれるお話。


どうしてだろう
例えば「理不尽な状況下」に置かれた時に、自分自身を「不幸な人」に仕立て上げてしまえば楽かもしれないけど、
笑って楽しく生きてく方法もあるんだよって
言ってもらえてる気がして、なんか安心できるのかもしれないな

posted by アオカスミ at 19:04| Comment(4) | TrackBack(3) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

アラビア湾の真珠

今日の宇宙船地球号の予告見て、これはと思ったので。

これはってのは、お、オマーンかしらん?ってことだけど
残念ドバイでした。

アラビア湾(私はペルシア湾のがしっくり来るんだけどな)の真珠のことは一時興味を持っていろいろ本とか見たのですが、この番組であの素潜りの映像がいくつか見れてよかったです。

番組の流れ上言及されなくても仕方ない感じですけど、ペルシア湾の真珠産業が廃れた原因は石油もそうかもしれないけれど、当時の日本の養殖真珠が市場を奪ったから、という話を前に聞きました。
それもこれも、今言ってどうこうな話ではありませんが、やっぱり残念な気がしました。

しかしスケールがでかい埋め立て計画。地震とか心配しちゃうんだけど、どうなんだろう。


台風
福岡、台風が迫っていますね。
今日は雨がちょっと降ったり風が涼しかったりという程度ですが
明後日から本格的に荒れるのかな。交通機関に影響が出ないうちにいろいろ用事を済ませなくちゃ。

と、台風に備えて、今日はベランダ(鳩に好き放題されてんのね)の片づけをしました。
大雨の中、排水溝が詰まったらその窓の部屋と下の階が大惨事に見舞われるから、雨風がおさまった隙にお掃除でしたの。
でも途中でゴム手袋が千切れてしまった(古かったらしい)ので、まあどうせ雨で洗われるからいいかと洗剤だけ撒いておしまいにしてしまいました。(しかし雨が降らん)
さっき早速鳩がうろついていたけれど。なんか洗剤のっぽいシミができていたけれど。むー


がく〜(落胆した顔)
今日は研究室でネット(私用)中に教授がいらっしゃってなんか気まずかった。
勉強…してま…せん
何も言われない分逆にプレッシャーを感じるのは、この後ろめたさのせいか。
posted by アオカスミ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

走り出す

4・5・6月
前転しながら暗い・明るいを繰り返して、頭フラフラでやってきて
7・8月
夏が来て、急にいろんな物事が、はじけるように、動き出す

卒業後の進路のこと、卒論のこと
いろんなことが転がりだす。私は、前転するんじゃなくて、
今度は一緒に飛び出して駆け出していく感じだ

もっと広い心で出来事や人のことを見たい
もっと客観的な目で自分のことを見たい

こういう姿勢が最近面白い


ようは、自分のこと棚に上げて・・・をやめるって事なんだけど。
・人にされて嫌なことを自分がしない
・人がしてくれて嬉しいことを自分もしてあげる
それをちょっと頭に置くの。すると、
〜してもらえて当然なのに、なんて権利意識があほらしくなる
そんなつまらんことでイライラすんのは、もう止めたい。


拗ねたり凹んだりして、ぐちぐち言う前に
もっと楽観的に、物事を、好意的にみるんだよ。
そしたら、楽になるし、楽しくなるからね。

そう、つまらんことで、テンション下げない。下げない。
ま、ほいでそれを妥協というか大人というかは、あなた次第、さ。

ともあれ、そんな感じでここんとこよい精神状態が続いております。
お蔭様です。感謝感謝
心身健やかでなけりゃ、何にもできやせんもんね


さて、明日からしばらく修行に出ます。
地震・台風・飛行機事故に遭いませんうように。
行ってきます
posted by アオカスミ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

イスミー

「Haruka」

「Haruka」という名前の人です、私。

小さい頃、父に名前の由来を聞いたところ

春に出る蚊。

と言われた事がありました。がびょ〜ん

その後

青嵐説、blue haze説など聞きまして、一安心。
人に説明するたびには
綺麗な名前ねーと言われていたのですが…

去年くらいに

Haruka eleganceという学名の虫の…

という話をうっかり母から聞く。ががびょ〜ん

で、今日ふと思い出してネットで引いたら…いた
(心臓の弱い方はご注意ください・笑)

いや、笑い事じゃない。
named after この虫…
やっぱり虫なのか。虫。
これ本当かい、父さん。(現在問い合わせ中)
…こだわった理由はなんだったのだろうか。うーんうーん


ま、最初のきっかけは何であれ自分の名前は大好きですよ♪
字もそうだし。画数も悪くないし。
ハルカ エレガンスって響きも素敵でしょ?
だって、エレガンス☆ふふ


こんな風に、人の名前を見たり・漢字の意味を調べたり・由来を聞くのはでも結構好き。音・字、日本語の名前はいろんな意味を込めやすいから飽きないのね。それぞれに違うし
名前 イスム name…
あなたはどんな名前、もらいましたか・あげますか


続きを読む
posted by アオカスミ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うまま徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。