2006年03月22日

旅報告G

2月2日

特に何をするという予定のなかった1日。
とりあえず、残りのエアメール用の切手を買うべく郵便局へ。
切手自体はそこらのお店でも買えるそうですが、
情けないことに、切手売ってますのしるし(?)とか見てもわからないで…
とか言ってトライせずに、郵便局に行っちゃったわけね。
ま、少しでも中央に近いところで出したかった、ということで。
この日は行くのが昼近くだったので、既に閉まりかかっていました。週末でしたし。
オマーンポスト
ちなみに郵便ポストは街中にあります。
黄色でこんな形です。

それから、徒歩でまたもマトラスークへ。
自分用のお土産でクッションカバーを購入。
絨毯・クッションカバー屋のおじさん、コイン集めが趣味だそうで、日本の硬貨をあげたらオマーンのコインをいくつかくれたうえに、割引までしてくれました。やったぁ
そういえば、日本のコインはディルハム等の古銭を置いたコーナーでも見かけたので、
持って行ってプレゼントするとかなりウケるのではないでしょうか。

また、宿の近くの本屋兼文房具屋で、色々見たのですが、子供用の教材等楽しめるものがいっぱいです。

この日のお昼は、近所の飯屋でマトン・ビルヤーニー。
店で食べましたが、小さい食堂なので、キッチンの近くに普通に座って食べました。(相席はなかったですね、さすがに)
スプーン着けてくれたり、なんだか色々気を遣ってもらいました。

ところで、こういうお店のハンマームは、文字通り手洗い場と考えた方がいいかと思います。
特に、女性の場合、外出先でレストルームを探すのは結構大変です。
公園・ガソリンスタンド・ホテル・観光バスも停まれるようなレストラン等でなら割と見つけやすいと思います。
コンビニに慣れてしまった日本人の感覚で「キレイ」と思うものとなると、屋外の観光地ではなかなかめぐり合えません。
まあ、きたない・きれいは人それぞれの感覚ですが…


さてさて、昼食後は昼寝。もうすっかりオマーン時間です。
でも、この時間寝ていた方が身体は楽です。
その辺歩いてても街中昼休みで閉まっていますしね。

起きだしたらまたスークへ。
友人へのお土産を購入。土産買いまくる辺り海外旅行初心者丸出しですが、
後に残るものを贈ることで、皆さんの話題にオマーンが登ればいいなと思います。

マトラ:フィッシュスーク裏手から


続きを読む
posted by アオカスミ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

旅報告F

2月1日

午前中、満を持して(?)スルターン・カーブース・グランド・モスクへ。
一般的には、モスクに異教徒が立ち入ることはできないのですが、
このグランドモスクは平日の午前中のみノンムスリムでも入れます。
大体のところは自由に見学できますが、時間切れのため図書館には行けませんでした。

ちなみに女性の場合、肌の露出は控えるとともに、ベールの着用を要求されますが、貸し出しもあります。(自分はスークでお土産用に買っていったのを持参して使用しました。)

写真も撮っていい、入場料等かからない
観光地ではないのブローシャーはありませんが、マスカトを訪れたならぜひ中まで足を運んでいただきたい。
大礼拝場

「次回はここで礼拝をしてるかもね」とか言われますが、決してしつこく改宗を迫られることもありませんし。

もう少し早い時間に行って、どこかに腰掛けて物思いにふけったりしてもよかったなぁと思います。静かで、とても豊かな時間が流れていました。
グランドモスク


さて、その後はシティーセンターへ。
なんていうか、色々なテナントも入ったスーパーです。
ここでお土産用の本とかチップスオマーンとか購入。
それまで街の食料雑貨屋ばっか覘いていたので、こういう大型スーパーは見ているだけでもなかなか楽しいです。そういえば、キッコー○ンのお醤油もありましたよ。

さて、買い物を終わって、テナントのカフェで待っててもらったKさんと合流したのですが、
あらどなたかと一緒…
続きを読む
posted by アオカスミ at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

旅報告E

1月31日

午前中、前回は休館日で見られなかったゲート・ミュージアムへ。
ここは主にマスカトの歴史をパネルとジオラマで紹介しています。
展示室は大きくはないですが、読みものが多くて充実しています。
井戸からファラジュへ水を流すシステムの模型と、文字資料に書かれたオマーンの歴史が興味深かったです。
文字史料は、やはりほとんど紹介されていませんでしたが、私が卒論で補助に使った史料には少し触れてありました。
残念ながら、メインに使った史料のほうは紹介されていませんでした。
史料として微妙だといわれればそれまでですが、面白いのでぜひとも現地の人にも見てほしいところ。。。

その足でBait al-Zubairミュージアムの向かいにある現代アートのギャラリーに行きました。素敵な工芸品やイラスト?などがありました♪

Kさんがかねてから私を連れて行きたがっていたオマーン・フレンチ・ミュージアムはメンテナンス中で入れませんでした。
オマーンはあちこちの観光地化に力を入れているようで、このたびで訪れた博物館などには、丁度その改修作業中らしいところが結構ありました。今後アラビア語・英語のガイド装置などが入るのでしょうか。
個人的には各館の案内パンフレットがもっと充実するといいなと思います。

続いて、水族館…本当は水産資源の研究施設みたいなところかな、に行きました。
見学できたのは魚の入ったいくつかの水槽のだけでしたが、
近海の海の生物が見られ、ウミガメも何匹かいました。

そこから少し車で走って浜へ。
休日ということもあり、けっこう人が来ていました。
海の楽しみ方は、水辺で水と戯れたり、浜でピクニックをしたり、あとは船に乗る!
ロブスターやイカ漁のモーターボートが観光用の遊覧みたいなこともやっているようで、
お金を払うと湾内の水上ドライブに連れて行ってくれます。
陸からは行きにくい別の浜まで連れて行ってくれて、また約束の時間に迎えに来てくれる、というサービスもあるみたい。
ところで、このボート、よっぽど最初に頼まないと、かなり飛ばしてくれます。
酔いやすい方はご注意を。
写真をたくさん撮りたかったのですが、とてもファインダーを見れる状態じゃなかったので適当に撮って後で選別にしました…
岩のトンネル

それでもこの写真の岩がドーム状にえぐれているところでは、船を止めてよく見させてくれました。絵葉書でも見かける観光スポットのようです。
このあたりの岩も、山のものと同じように見えましたが、波にえぐられてさんご礁みたいになっていて面白かったです。

Kさんが海好きで、旅行中はとにかく海に連れて行ってくれました。
マスカトは海から来る物資の中継貿易で栄えた都市。
この先も海が観光資源として彼らの生活の糧となるのでしょうか。

波浪
ゴミのない砂浜、海臭くない海、いつも晴れた天気。
ここの隣りの浜にもプライベートビーチを持つ多くの五つ星ホテルが建設・操業中でした。

って、そんな高いホテルに泊まらなくてもオマーンのビーチはいつでも誰でもエンジョイできます!週末はかなり人が多いようですけど…(^^;)

続きを読む
posted by アオカスミ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

旅報告D

1月30日

この日はバティーナ地方へ出かけました。
卒論で扱ったソハールに行きたかったのですが、
マスカトから車で5時間以上かかると言われ、今回は断念してしまいました。

Kさんの運転で、まずはバティーナ地方の内陸部へ向かいます。
目指すはルスタークですが、その前にアル・ハザムへ。ここにもフォートがあります。
正面の扉の装飾は圧巻で、庭もきれいになっていますが
現在は内部のメンテナンス中(音声案内などの取り付け作業??)だそうで
中には入れません。
それでも、敷地の中に入れてくれて、扉だけ見せてもらいました。
フォート壁面の風&明り取の細長い窓に、小鳥が巣を作っていたりして
なんだかとってもほんわかした気分になりました。

ルスターク
ここには観光スポットにもなっている温泉があります。
文字通り湯の湧く泉なんですが、その深さ、透明度!!
ルスタークのアイン
写真は源泉で、ここからファラジュでお湯を流して、湯浴みコーナーに続いていました。

続いて
オマーン最大と言われる、ルスタークフォートへ。
ルスタークフォート
ここも国内外の観光客が結構来てるみたいです。
増改築を重ねているそうで、かなり複雑なつくりをしています。
しかしとにかく広い、そして辺り一帯を見渡せる様作られた屋上からの景色!
キャスルの外には古い建物と椰子園が広がって、その向こうは山また山。
また、この日は少し雲が出ていましたが、いつも晴れているオマーンの青空が美しかった。

汗だくでフォートを見学したあと、
入り口のところにいたおじいさんにカフワをご馳走になりました。
少し薄く感じたけど、貴重な経験をしたな、と思いました。

ルスタークから車で少し走ってナハルへ。
ここにも有名な泉があって、観光客を乗せたバスも来ていました。
週末ともなると、地元の人がピクニックやら何やらでごったがえすそうです。
この日は月曜日でしたが、イスラム暦の元旦で、仕事が休みの人も多く、
子供や学生も前期と後期の間のお休みに入っているので、
ここの泉で水浴びしている子供や若者もいました。

ナハルにも大きなフォートがありました。

お昼を近くのインド料理屋さんでとって、午後はバティーナ地方の誇る、海を目指します。

続きを読む
posted by アオカスミ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

旅報告C

1月29日

午前中、エアメールを出すべく郵便局へ。
最寄の郵便局は大通りに面していない上に英語の看板が出ていなくて、
いろんな人に訊きながら
ずいぶんかかって、迷い迷いたどり着くことができました。

オマーンから日本への絵葉書の送料は150バイザ。
1週間弱くらいでこちらに届いたようです。

エアメール送った方々には、なかなか、これ好評でしたので
どこか海外に出かける予定の方は、旅先でペンを握ってみてはいかが?

さて、手紙を出すと、その足でマトラスークへ。
前回は夕方でびくびくしながら歩いたのだけど、
この日は裏道に入っていったり、いろいろ探検してみました。

お店のおじさんにチャイをおごってもらったりもしました。
あと、日本語の客引き文句は、「イラッシャイ」「NOタカイ」「コンニチワ」などいろいろありましたが、誰が教えたのか「アナタスキ」なんていうのもありました(笑)
結構観光客慣れした感じもありますが、マトラのスークは楽しいです。
地元の人も買い物に来ているし、おすすめ☆

宿に戻る道すがら、近所のレストランでチキンビルヤーニーのランチをテイクアウト。
この頃から、写真を撮る前に食べちゃうようになってきました。
鶏はがっつり入ってるし、ビニール袋入りのサラダももうへっちゃらです♪

オマーンは本当に、ご飯は何を食べてもおいしかった!!
肉も魚も何もかも新鮮で、味付けも好みだったし
おかげで、今では買って帰ってきたスパイスミックスのにおいを嗅ぐだけでお腹がすいちゃうくらいです☆
続きを読む
posted by アオカスミ at 23:50| Comment(4) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

旅報告B

1月28日

Kさん、今日は1時間遅刻です。

この日は博物館めぐり。
基本的に平日の午前にいくのがよいです。

最寄のマスカト・ゲート・ミュージアムは休館日。
ゲート、というのは古い市壁の城門のこと。
建物自体は再建物ですが、マスカトには4つのゲートがあるとか。

さて、気を取り直して
マスカトのBait al-Zubairミュージアムに行きました。
各国の観光客の人が来ていました。日本人らしき男性も見かけました。

展示物はオマーンの伝統的な武器・衣装・装飾具等で、屋外には町屋やファラジュ、船や食料庫などもあります。
他にも当館にはコーヒーラウンジとお土産屋が入っています。
街中から行きやすく、展示も充実しているのでおすすめです。
ガイドさんの英語も聞き取りやすい◎

続いてオマーン・ナショナル・ミュージアム
先史時代の石器や前の王宮にあった装飾品等が見学できます。


さあ、博物館をはしごして、いい時間になったのでお昼ご飯。
今日はKさんおすすめのイエメン料理のお店へ。
ロイヤルホスピタルやユースコンプレックススタジアムの近所です。
あまりに混んでいたのでテイクアウェイをすることに。

ところで、Kさんは前日からアスピリンを飲んだりひどい咳をしたりと風邪気味の様子。
病院に行ったほうがいいよ、ということで夜のマスカトフェスティバル行きはキャンセル。
私の方は宿に戻ってイエメン飯をいただきます。
フィッシュ・ビルヤーニー
キングフィッシュのビルヤーニー。
と、カレースープ(正式名称は聞きそびれた)、トマトのソース、サラダです。
このカレースープは、かつてイラン帰りの先輩がお土産に持ってきた缶詰のスープの味付けに似ています。
がぶ飲みはできない感じ(^_^;)

ところで、お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、スプーンとか、ついていません。
うふふ
パラパラのご飯はこぼさずに食べるの大変でした。

しかし、昨日も今日も、美味しいけど量が多い!


続きを読む
posted by アオカスミ at 01:23| Comment(1) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

旅報告A

1月27日はニズワに行きました。

ニズワの近くのアフダル山にも足を伸ばす予定なので、足は4駆車です。
車を出してくれたのはKさんの同僚のBさん。この人はインド系の方のようでした。

マスカトから車を飛ばしてニズワへ。
道中イズキーやバフリーへの標識を見かける。
卒論の史料で見続けた名前をこうして現地で見るとなんとも感慨深い。

ニズワの町でKさんの友人で地元人のAさんと合流。
Aさんの案内でアフダル山へ。
海抜1000mくらいという話ですが、とにかく空が綺麗だった。
そしてちょっと寒い。

この辺りを地元の人は緑の山というのですが
確かに冬の終わりでもほかの山(岩のみ)に比べて随分緑がありました。
どの樹も果物やナッツがなる樹で、9月が旬で一番美味しい、
緑が一番綺麗なのもその時期なのだそうです。
その頃にまた来てみたいわ。

街や、段々畑や、古い家並み、洞窟の入り口を見たり
ワッジの底を歩き回って汗だくになり、
勧められて樹の実(去年のカスっぽかった)を口に入れたりしました。
アフダル山にはダムなんかもありました。
みんなでダム見


山を降りたらニズワに戻ります。
街外れではファラジュ(用水路)を見る。
地元の女性達が洗濯をしていたのですが、写真はやっぱダメでした。

ところで、前日は何も言わなかったKさんですが、
今日はAさんとともに途中近所のモスクで礼拝のために車を止めました。
車で待ってるこちらもすがすがしい気分になるから不思議。

さて、それから昼食です。オマーン料理屋で食べました。
オマーン飯
ピンボケですが、それぞれキングフィッシュ、マトン、チキンのビルヤーニー(焼き飯/ピラフみたいなの)です。
真ん中の赤いのはトマト+たまねぎ+タバスコな味ので、好みでかけていただきます。

個室は民家風に設えてあるし、米を手で上手に食べるのを見るのも面白い
あと、礼拝の時間になると、番組の途中でもテレビが無音になるのも知りました。
しかし放研に4年もいた身としては、この音のない状態にはなかなかドキドキします(笑)

続きを読む
posted by アオカスミ at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

旅報告@

今回の旅の日程は日本時間の1月25日〜2月4日の、
10泊11日(機内2泊)でした。

あちこち遠出もしたかったのですが、旅慣れておらず
全泊マスカトで、自分ではほとんど徒歩で移動しておりました。

では順次その日ごとの報告をば。


1月25日・26日:オマーン到着!!

25日の昼頃福岡の家を出て空港へ。到着は翌26日の朝10時過ぎ。
福岡空港→関西国際空港(チェックインまで5時間待ち!)→ドバイ空港
→シーブ国際空港と飛んで
家を出てからオマーンの空港のロビーに出るまで26時間くらいでした。

空港にはオマーン人のKさんが迎えにきてくれていました。はじめまして(笑)
車でまずは宿へ。
宿はマトラのマリーンホテルを取ってくれていました。
荷物を置いたらオールドマスカットを軽くドライブしてから昼ごはんへ
昼っても午後2時くらい。
トルコ料理のお店で魚ハムールのグリルをいただきました。
写真を撮る前に齧ってしまいましたが、これが一人前です。
ハムールのグリル
味も食感も鯛みたいな魚でしたが、ナイフとフォークでは食べにくいので、
郷に従って早速手で食べてみました。
手で食べるのは意外と食べやすい。骨が多くて身が柔らかいこういう魚では特に。
1人で一匹は食べ切れませんでしたが、とっても美味しかったです。

昼のあとKさんと別れてからは宿で休憩したり家に電話したり
マトラの海岸をちょっと歩いたりもしました。
街灯とマトラフォート


Kさんにはまた夜に迎えに来てもらって
老若男女で賑わう木曜夜のマスカトフェスティバルへ。
トラディッショナルなオマーンの衣食住を紹介するコーナーを見学。
民族衣装の女性と写真を取ったり、ハール(スウィーツ)をいただいたり
ベドウィンのコーナーではらくだに乗せられたりもしました。
らくだに乗るのはかなり怖い。乗り降りも、ステップも。
らくだ、顔はかわいいのだけどね。こいつでの旅はあまりしたくないな。
会場ではあちこちでダンス等のショー(ステージ意外でも踊ってる)もあって
とても楽しい雰囲気です。
子ども達もフェイスペインティングしてもらって嬉しそう♪

しかし、この夜の10時11時の時間帯…時差と長距離移動でそろそろ疲れもピーク。
宿に戻ってフェスで買ってもらったザファールのホブズかじって休みました。


翌日は朝早く出かけてニズワに行きます!

こらむ?
posted by アオカスミ at 10:51| Comment(6) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

あっちゅうまの11日間

2月4日午後5時過ぎ
無事に、オマーンから日本に戻ってきました☆

お話したいことてんこ盛りですが、
写真整理しつつ順々に報告していきたいと思います。
お楽しみに☆

オマーンは想像以上に素敵なところ
今回行きそびれたところがたくさんあるので、
ばりっと働いてまた行くぞ、オマーン!!
posted by アオカスミ at 18:20| Comment(5) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

出発前夜

今日は学部の友達と卒論提出祝いパーティーバー
あわせて先週は都合が会わなかった私の誕生日を祝ってくれましたプレゼント
ありがとう!
素敵なお店で、お店の人も、祝ってくださいましたバースデー
ありがとうございます。
(詳細は和友のとこで♪)

ほんでもって、ハイテンションのままにはじけたプリクラも撮っちゃったるんるん
命綱ノートに貼って、友達の写真と一緒にオマーンに持ってきます!

こないだ買った300円のお守り(笑)もしっかりウケました。
とりあえず日本人女子には効果あり。


さて、今日の日中は準備の最後として
@現地滞在費の準備:福銀でドルを作る
A楽ズボンの用意:近所のよく行く服屋が閉店セール。通常8000円くらいのが1050円で大売出し!2本ゲット。ちなみにジャケットなんかも1050円で出てたよ。セールはあと一週間。店は四つ角んとこにありまーす。
B書類のコピー:チケットやパスポートのコピーを用意。
Cお土産買い:よさげな手ぬぐいとかを安く調達
D買い足し:整理用のファイルとか、色々100均で

あとは、オマニーメル友と宿の打ち合わせ。
紹介されたところが高かったりもういっぱいだったりとなかなか難航していたのですが
先ほどやっとこさ目処が立ちました。日本を離れる前に最終確認が取れるといいけどホテル


んんん。いよいよ明日か。いや今日か。
「いつか」が近づいてくるのは、いつも複雑な気分になる

例えばグランドフィナーレや卒論の締切日。
長い間の「いつか」が、次第に「何日後」になり「あした」になり「今日」になって
もう、「きのう」になってしまったでしょ
早く出会いたいけど、終わってしまうのは寂しいし
でも、その向こうに行きたいのね
これは、そうだ。サムライ月Bで感じていたよな。

それで、ちょっとナーヴァスにもなったようだ。
でも、今はドキドキしてるけど、逃げたい気持ちなんて、ない


旅はよきもの。
銀行のお兄さんも、服屋のお姉さんも、楽しんできてくださいね、と笑顔。
今日飲んだ友達も、みんなも、気をつけて行ってきてね、と笑顔。

私も
心配かけるし、不安もあるけど
待ちに待った「いつか」に笑顔になるわけ

まあ、そういうわけなのです。
恙無く行けば、来月4日の帰国です。

じゃ、元気で、行ってきまーすかわいい
posted by アオカスミ at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

旅準備C

旅に持っていくもの!?

今日緊急申請のクレジットカードを受け取ってきました。
初カード。ドキドキ

今日スーツケースが届きました。父のを拝借。
ついでにプラグ変換器(使い方がわからん!)・変圧器等とともに
デジカメが入っていました!カメラわ〜い
明日あさっての雲仙旅で使いこなせるように練習したいと思います♪

旅用に新しく買ったカバンもお披露目しようかな〜るんるん
雲仙のは浴衣も何もかんもある宿だから、持ってくもの少なくていいわ☆ 
あ、御朱印帳持ってこ。…全部ニューカバンに入るかな。入ったら重いかな。

あ、オマーンから話がそれました。
旅用の買い物の続き。
こないだは百均で折り紙とかマスクとかレスキューシートとか買ってみたり。南京錠見たりしてました。こんな旅初心者(海外一人旅は初めて!)があんな会社に就職していいんでしょうか。。。虫除けやら日焼け止めやらも新調。インスタント味噌汁と醤油の用意もOK。
それと、今日は天地下の300円アクセサリーのお店で「お守り」を購入しました。
ま、気休めかな。。。明日会う方にはお見せします(笑)

来週はお金をドルに両替したり連絡先や連絡方法、お土産リストアップしなくちゃ
着ていく服の用意もしなきゃ。帽子とかサングラスもいるのか?
行きたい所、見たいところを効率的に周りたいし、オマーンにメールもうたな
ああ、英語の勉強してないしあせあせ(飛び散る汗)

とにかく、もうすぐだ!!
怪我したり事故したりないように準備しなきゃ。
あたふた。
帰国直後のスケジュールも確定させておかねば!
新居借りるための書類も要るしダッシュ(走り出すさま)
(てかこっちの荷造りもしておいて出発せんといかんわ…)

なんか急に緊張してきたけど
落ち着いて、頭をちゃんと回して
仕事に活かせるように、そういう観点からも旅を楽しまなきゃだわぴかぴか(新しい)
posted by アオカスミ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

旅準備B

先日航空券と海外旅行傷害保険の保険証が届きましたチケット
エアーのチケットは何度かチェックしたこともあるけど
自分のと思うとまた一段と気合が入りますね(笑)
でもこれ見てるだけで楽しいかわいい

さて、
メル友(?)オマニーから返信あり。
私がオマーンにいる間、彼もオマーンにいるとのことで
あちこち案内してあげると言われました。
まあ、それは喜ばしいことなんでしょうけど、恐れていた一文が…
【by the way i will be glad to have you with me in my flat】
私の拙い英語力では、
危険な文章に見えてしょうがないんですけれども。

29歳くらいの独身親日オマニー…どんっ(衝撃)
って、勘繰り過ぎ??
素直に宿代浮くーって喜んでりゃいいんでしょうか…
ううん。オマーンの住宅事情とかよく知らないのであれですが
とりあえず、本人に詳しいことを問い合わせ中。
ふらふらどういうつもりで…

ふぅ
こういう時は、本当男の子に生まれたかったなーと思ってしまう猫
以前に「ボーイフレンドはいるのか」と聞かれて、
用心で(…たらーっ(汗))「います」とは言ってあるけど、
なんかテンション上がってる感じがするし、ちょっと心配。
泊まらなくても会うことにはなるだろうから
研究室の方々に改めて自衛の心得をレクチャーしてもらわなきゃダッシュ(走り出すさま)

続きを読む
posted by アオカスミ at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

旅準備A

航空券の代金を振り込む。
保険の申し込みもしたのでその前に旅行代理店とのやり取りがあったのだけど、まだ振り込んでいない次点で「お振込みありがとうございます」と言われ、慌てたり。
ともあれ往復のチケットは確保。早く届かないかなぁチケット

前に韓国往復のチケットで旅行会社に手配を頼んだ時にも思ったことだけど、本当に、いろいろ、よくよく観察しておこう。後々たぶん役に立つ。。気になったこととか、いいなぁと思ったこととかね。
…しかし、この業界の人はやっぱりいつでも忙しそうだあせあせ(飛び散る汗)


日程が確定したので、
オマーン人メル友(?)にオマーン行きの報告。
国内バスのことを訊くと、自分が国にいたらそんな心配は要らないよ。と、なんだかホームステイの予感も。(笑)
大家族との交流とかなら楽しそうだなぁ。それはそれでるんるん
家庭の料理とかも素敵そうだしかわいい


卒論がドカンとあってあまり意識してないけど、
出発まであと一ヶ月ちょっとなんだよね。。
こりゃすげぇわ。来月だもんなぁ。…むふふ黒ハート

今はもちろん、卒論だけど。もっと勉強しなきゃ
アラビア語は話すどころの話しではないけれどたらーっ(汗)
せめて英語くらいは「まともに」話せるようにならないとなぁ。
色々訊いてみたいこともあるし、話も聞きたいしなぁ

まあ、もろもろ頑張る。
持ち物とか服装とか周るトコとか。考えると楽しーわーい(嬉しい顔)
posted by アオカスミ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

旅準備@

オマーン行き、日程を仮決めして周りへの報告。

大事な試験と重なってはいかん…ということで先生に。
あと、(一時)出資者の親にも。

母親はやはり心配らしい。
「お父さんがいいって言ったんでしょ」と
若干諦め気味だったけど。。。
行くまでに、期間中の宿泊(予定)地くらいは決めて連絡先やら言っておかないといかんな、これは。


一方研究室はみなさま、
写真よろしくとか、ドバイの金の椰子の木を見て来いとか(笑)
いいねいいねな反応で、こちらも「わ〜い」って気分だったのだけど


う〜ん、でも親のほうが「普通」の反応なのかしら。
4年間ずっと乗り気じゃなかったしな。
(こないだの試験、不勉強で落としたからまた余計に。。)
電話、前半説教だったし
…しかし私の不真面目は昔っからだよ、お母さん。もうやだ〜(悲しい顔)


まあともあれ、行くといったら行くんだ。というわけで
航空機のチケットだけ手配を済ませてきました。
福岡―マスカトの全行程、便利で快適(らしい)エミレーツ航空飛行機
(国内はコードシェアでJALかな。。)
残念ながら格安なのでマイルは貯まりません。


さて、枠の確保はしたので、楽しみを置いておきつつリゾート
卒論頑張るぞ(本当に頑張れよ)
posted by アオカスミ at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

オマーン!

12月に入ってしまいました。
読むほうは楽しいのですが、書くほうがなかなか進みません。
見えるのは底ばかり。大丈夫…かなぁ。

学祭も終わり、うちに引きこもっているので
運動不足+ホットカーペット依存症=腰痛発生
という、つらい状況ですが、頑張ります。
ついでに体のライン崩壊、といかないようにしないと。
なんか、ストレッチとか習慣化しなくちゃかな。


さて、今日は久々にすりゴマを復活させてみましたよ。
昼にも夜にも料理に入れて摂取っ。

昼はチャーハン
残り青梗菜+豚挽き肉+卵+市販のチャーハンの素+ゴマ

夜はスープスパ
鶏モモ+残りキャベツ/ブイヨン+牛乳+ゴマ

どっちも美味かわいい
特に、スパゲッティーの方はゴマの香ばしさと牛乳&キャベツの甘さがグーです。足りないとろみは例のごとく溶けるチーズで補って。
(ちょっとしょっぱくなっちゃったけど…)

残念ながらゴマがぶつぶつしていてあまり別嬪さんじゃあなくて…
写真には撮りませんでした。(撮る前に食べちゃった…ともいう。)
ゴマ好きな方は試してみりんーるんるん

続きを読む
posted by アオカスミ at 21:08| Comment(5) | TrackBack(0) | オマーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。